お知らせ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. お知らせ
  4. 【イベント報告】着衣泳

【イベント報告】着衣泳

水難からこどもたちの命を守る着衣泳 2022.7.17開催

服を着たまま川や海や池におちたらどうしますか?洋服を着た状態で水に落ちてしまう時は、心の準備が出来てません。パニックを起こし、足が付くところでさえ気づかずに溺れてしまうことがあります。子供同士で水辺へ行かない、大人と水辺へ行く時でもライフジャケットを着用する、ということが大切ですが、予期せぬ場面の万が一に備えて。服のまま水に入ったらどうなのかを知っていただきたく開催いたしました。

いつでも息が出来るようにあお向けに浮き、助けに来てもらうまでの時間を少しでも長くかせぐことができるようになるのが、着衣泳の目的です!
慌てず、大の字で浮いたり、ペットボトルなどを使って浮きます。移動は、体力を消耗しにくいエレメンタリーバックストロークという仰向けに浮きながら、手はペンギンのように両手同時に水をかき、足は平泳ぎのように膝を曲げて両足同時に足の裏で水を蹴ります。大切なことは、「できる」「できない」ではなく「知ってるか」「知らないか」なのです。
大切な命を守るために、ぜひ知っておいてほしいと思います♪

蔵王スイミングからは11名、神辺スポーツセンターからは9名、一般の方から12名、計32名の方が参加していただきました。

主催/(一財)広島県東部スイミング財団
共催/福山市水泳連盟
後援/福山市 (公財)天野スポーツ振興財団
資料監修/(一財)広島県東部スイミング財団 着衣泳事務局

関連記事

夏の短期スイミング教室